地熱発電のジオサーマルパワーのバイナリー発電導入フローについて


地熱発電のデメリットを解消し、効率よく発電ができる
「バイナリー発電」を採用しているジオサーマルパワー
そのバイナリー発電の導入フローはどのようになっているのか、
今回は紹介したいと思います。

ジオサーマルパワーが開発した
バイナリー発電の導入フローについてですが、
まず「温泉事業者」、「発電事業者」、「出資者」の
3人について説明しなければなりません。
基本的にはそれぞれの立場のある人が
その役割を担うケースがほとんどですが、
希に温泉事業者が発電事業者を兼任したり、
発電事業者が出資者を兼任したり、
あるいは1人がすべての役目を負ったりと、
役割といっても複数の場合分けがなされています。

続いてジオサーマルパワーのコンサルタント事業に話を進め、
最初にお客様の施設内で発電機を設置するのに
ふさわしいか確認するため、現地調査を行います。
現地調査と並行してお客様にヒアリングを行い、
その後システム導入にステップアップします。

システムを導入するにも、
信頼性の高いデータを示すには数が乏しいのではと思いますが、
ジオサーマルパワーは表には出ていませんが、
影での関係値は良好のようみたいです。
そして導入フローの中でポイントとなるのが、
実際に発電機をお客様に紹介する流れです。
この段階でお客様との関係は深い信頼関係で
結ばれていると過言ではないと言ってもいいのではないでしょうか。

ただ、どのようにしてお客様を獲得しているのか手段はわかっていません。
これも、ひとつの営業戦略なのかもしれません。